【お歳暮】いつまでに贈るのがいい?時期を過ぎてしまったときの対応は?

お歳暮は日頃からお世話になっている方への感謝と、これからもよろしくお願いします。の気持ちを込めて贈る贈りものです。

年の終わりに贈るものだけれど、いつ頃までに贈ればいいか細かいことはよく知らない方も多いと思います。

  • 贈る時期は地域でちがいがあるの?
  • 時期が過ぎてしまった場合はどうすればいいの?
  • 喪中の時は贈っていいの?

こんな疑問を解決していきたいと思います。

お歳暮を贈る時期

贈る時期は地方で少しちがっていますが厳密な決まりはなく、日本全国12月13日~12月20日に贈るのが一般的のようです。

関東

12月始め~12月31日

関西

12月13日~12月31日

北海道・東北・北陸・東海・中国・九州

12月10日~12月20日頃

沖縄

12月始め~12月25日頃

【ご当地グルメ】人気のお取り寄せネットショップおすすめ5選

お歳暮の時期を過ぎた場合

お歳暮の時期に贈れなかった場合は、のし紙の表書きを「御年賀」にして贈ります。

本来ならば正月三が日に年始ご挨拶の手土産として直接お渡しするのが礼儀ですが、都合のつかない場合は1月1日~1月7日頃(松の内)まで「御年賀」としてお渡しできます。

松の内は地方によって差があり、北日本や東日本では7日までが多いですが、関西などでは15日の地域もあります。

松の内が過ぎた場合は2月4日の立春までに「寒中御見舞い」の表書きで贈ります。

自分やお相手が喪中だった場合

「お歳暮」は感謝の気持ちをお伝えするもので、「御年賀」のようなお祝い事とはちがいます。

贈る側・贈られる側が喪中でも、「お歳暮」を贈って問題ありません

注意すること

  • お相手が忌中の場合は贈るのを控えましょう
  • 「お歳暮」の時期が過ぎた場合は「寒中御見舞い」
  • のし紙は紅白の水引ではなく、無地のかけ紙や短冊を使用します。

忌中の場合は、四十九日を過ぎてから贈りましょう。また自分が忌中の場合お歳暮を贈っても問題ありませんが、よく思われない方もいらっしゃるので、やはり四十九日を過ぎてから贈るのが無難です。

おわりに

12月は年末年始の準備や年賀状・お歳暮と忙しいですよね。

11月半ば頃には計画をたてておかないと、あっという間に年末です。

毎年「もうちょっと早く準備をしよう」と思うのですが、いつもギリギリになってしまっています。

今年の年末もがんばりましょう!

タイトルとURLをコピーしました